日本金属学会誌

J. Japan Inst. Metals, Vol. 8, No. 11-12 (1944),
pp. 641-644

制動を與ヘた場合の引拔に就いて

田中 浩1

1古河電氣工業日光電氣精銅所

Abstract:

本實驗に於ては引拔材に制動(後方張力)を働かせ,その大いさによつて釋質がどのやうな變化を受けるかを取扱つた.その結果,制動が適當に増加すれば材料を強くし,繊維組織を増加することが判つた.但し制動が過度だとと杉質け却つて弱くなる.尚,引拔應力に及ぼす制動の影響を理論と管驗とによつて解釋しようと試みた.


(Accepted 1944/08/10 Published 1947/09/01)

Keywords:


PDF(Free)PDF (Free)     Table of ContentsTable of Contents

Please do not copy without permission.